EC

D2Cブランドに動画コマースが必要な6つの理由

近年、多くのブランドが消費者直結型モデルを採用し、D2Cブランドと化しています。D2Cブランドにとっての喫緊の課題は、顧客のエンゲージメント向上と忠実な顧客コミュニティの構築です。そこで、D2Cブランドへのソリューションとして動画コマースを提案し、取り入れるべき6つのメリットについてご紹介します。

ライター: Priyam(プリヤム)

ショッピングの場所は、全世界的に実店舗からオンラインへと移行が急速に進んでいます。そのトレンドで特に「動画」コンテンツが新しい店舗の形として注目されています。なぜなら、各ブランドはカスタマーエンゲージメントおよびエクスペリエンス戦略を見直し、時代を先取りし続けなければなりません。Z世代の消費の中心となる今後10年では、ショッピングのあり方がインタラクティブな体験やモバイル最適化、そして動画の優位性へとシフトし、根本的な変化が訪れると考えられます。

新世代の消費者は、コミュニティ意識を醸成する価値主導型ブランドによる、オーガニックで価値の高い体験を切望しています。媒体者が編集権限をもつスポンサードコンテンツはそのすべてを阻害するものであり、既存の成長モデルでは長期的なリテンションが難しいことをブランドはすでに認識し始めています。 

SurveyMonkeyが発表したZ世代のショッピングトレンドに関するレポートによると、Z世代の消費者の51%が、ブランドのウェブサイトから直接的に購入のインスピレーションを得ており、ソーシャルメディアが僅差で続いています。

genz-shopping-trends-surveymonkey

出典:SurveyMonkey

プラットフォームでみると、
YouTubeがZ世代(47%)とミレニアル世代(35%)に最も好まれる結果となっています。動画を視聴することでいっそうの没入感と情報の習得が可能になるためです。Googleの調査報告書によると、視聴者の10人中6人はショッピングに関するアドバイスとして、著名人よりもクリエイターの意見を好んでいます。


カルチャーおよびブランド認知を醸成する「トレンドセッター」の存在

Screenshot-2022-04-01-at-4.26.06-PM

クリエイターは、現代文化における思考や感情の中心となる存在です。対してファンは、彼らがトレンドを作り文化を前進させると考え、ミレニアル世代はユーチューバーこそが他の著名人よりトレンドセッターとして相応しいと考えています。

YouTubeの視聴者(subscribers) は、YouTubeのクリエイターがカルチャーを変え、形作ると考えており、これらの傾向からショッピングのシーンにおいても、好きなテレビや俳優、タレントよりもお気に入りのクリエイターからのアドバイスに従うでしょう。

動画コマースの台頭は、人々のオンラインショッピングのあり方を根本的に変えました。ある調査では、41%の視聴者が動画視聴後に商品をカートに追加したと答えています。 

動画コマースは、より魅力的でインタラクティブなオンライン・ショッピング体験を求めるZ世代とミレニアル世代に特に人気があります。ユーザーのショッピング体験に付加価値を与えず、商品を売るために一方的な広告を流すブランドは、新世代にはもはや選ばれなくなります。

ここでは、動画コマースという新たなトレンドと、一部のトップブランドのデジタルマーケティング戦略に動画コマースが必要な理由を探ってみましょう。 

 

なぜ今D2Cブランドは苦戦しているのか? 

ここ数年、多くのブランドが「消費者直結」の波に乗り、既存の仲介業者をすべて排除してインターネットを通じて消費者に直接アプローチする方向へシフトしています。D2C市場の熱狂は、収益見通しや市場の修正により、ようやく平準化され始めています

極めて低価格なFacebook広告や低コスト配送、一見大規模に見える顧客プールといった、ブランドが利用してきたインセンティブは、もはや見られなくなりました。代わりに、一貫性のない広告効果測定やカスタマートラッキングに影響を与えるプライバシー関連の改正、競争の激化、オンライン広告の膨大なコストに、ブランドは悩まされています。

Netflixが視聴者に「まだ視聴中ですか」と尋ねると、全員が一致して「いつも見ています」と答えるといった内容のインターネット画像を見たことはありますか? 

Netflixが提供する質の高いエンターテイメントが、視聴者を飽きさせないのです。D2Cの悩みを解決する解は、カスタマーエクスペリエンスの固定概念を打ち破り、粘り強いエキサイティングな体験を創造し、大規模な顧客ロイヤリティを生み出すことにあるのです。
では、なぜD2Cブランドの多くがそのようなレベルの顧客エンゲージメントを生み出せないのでしょうか?

消費者向けのコンテンツが氾濫する中、D2Cブランドは競合との差別化に苦労しています。ブランドを信頼し、何度も買いに来てくれる、忠実な顧客コミュニティを構築するのは難しいのです。

89%のブランドが、カスタマーエクスペリエンスこそが顧客のロイヤリティとリテンションを高める原動力であると考えていることを鑑みると、D2Cブランドは、心を揺さぶるような顧客体験をキュレーションする必要があります。

カスタマーエクスペリエンスの向上は、ブランドの収益に直接影響します。調査によると、84%の企業がカスタマーエクスペリエンスを向上させることで、より高い収益を生み出しています。

ブランドが自社のウェブサイト上に素晴らしいカスタマーエクスペリエンスをキュレーションすることができれば、顧客はAmazonのようなマーケットプレイスから買うのではなく、直接そのサイトにアクセスする動機を得ることになるのです。
これにより、自社のカスタマーエクスペリエンスに関連する貴重なデータを収集・活用する方法を変えることができます。自社のウェブサイト上で顧客がどう交流しているかについて大規模なファーストパーティを生成できるようになり、マーケティング戦略の評価と強化に役立つのです。

 では、この顧客エンゲージメントとリテンションの難しさを克服するために、D2Cブランドは何をすべきなのでしょうか?

 

動画コマースがもたらす変革とは?

HubSpot Video

 

急速に進化するデジタル環境の中、ブランドは自社のウェブサイト上でのカスタマーエクスペリエンスを根本的に強化するため、動画コマースという新たなトレンドを採用しています。 

動画が購入の決定に影響を与えるその可能性を理解するため、次の統計値をご覧ください。
10人中8人が、ブランドの動画を見た後にアプリケーションやソフトウェアを購入しているのです。 

新たな世代の顧客のショッピングエクスペリエンスに、動画コマースは驚くべき価値を与えています。彼らは商品を間近で見ることができ、商品について役立つ情報を見つけることができます。楽しくて短い動画フォーマットで、より大きなエンゲージメントとリテンションを確保できるのです。Firework を使用すれば、ブランドのエンゲージメントは250%増加し、オーガニックトラフィックが最大で157% 増加します。

動画コマースによる費用対効果は非常に高く、この世界的なトレンドの力を利用しない場合、貴ブランドは競争の激しい市場から取り残されてしまうでしょう。 

 

D2Cブランドが動画コマースを試すべき6つの理由

Shoppable-CTA

動画コマースが貴ビジネスにもたらすことのできる価値について、まだご納得いただけないでしょうか?ここでは、D2Cブランドに対する動画コマースの6つのメリットをご紹介します。

1. 顧客エンゲージメントを高める

私たちは皆、YouTubeの動画の沼にハマり、何時間も費やしてしまった経験があるはずです。動画コマースは、魅力的なカスタマーエクスペリエンスを生み出し、ユーザーが貴社のウェブサイトにより長く滞在する可能性を向上させます。ウェブサイト上での滞在時間を増やすには、インフォテインメント(information(情報)+entertainment(娯楽)。情報と娯楽を融合したもの)に似た価値を消費者に提供することが求められます。 Fireworkは、インタラクティブな動画コマースによって、ブランドの平均セッション時間を最大9分増加させることに成功しています。

2. 製品紹介のリッチ化

デジタル技術の新たな革新により、ブランドはユーザーにダイナミックで視覚的なインパクトを与えられるようになりました。製品紹介にインタラクティブな動画を使用すれば、テキストや画像ベースのコンテンツキャンペーンよりも、顧客に強いインパクトを与えることができます。 2022年の調査によると、94%のマーケティング担当者が動画によって製品やサービスに対する理解が深まったと回答しています。


3. ショッピングカートへの追加率向上

顧客がウェブサイトにアクセスしたら、製品ページを閲覧するだけでなく、最終的にカートに入れ、決済してもらわなければなりません。 製品ページ内に動画を使用することで、カートへの追加率が37%上昇します。動画コマースは、マーケティングファネルに沿って、より早く顧客を次の段階に移行できます。

4. パーソナライズされた製品の提案

ある調査によると、オンラインショッピング利用者の59%が、個々人の嗜好に合った(パーソナライズされた)小売プラットフォームで、より興味深い製品を発見できると考えています。魅力的でスワイプしやすい、ストーリー性に富んだ体験を創りだすことにより、貴社の顧客に向けてパーソナライズされた体験を生み出すことができます。これにより、顧客は製品を見つけるプロセスがより楽しくなり、またナビゲートも容易になります。

 
5. 顧客の意思決定を早める

Z世代およびミレニアル世代は、待つことが嫌いです。オンラインショッピングでも、すぐに満足できる商品を求めています。インターネット上で気に入ったものがあれば、すぐにでも購入したいのです。動画コマースは、インスピレーションを得た時点と購入する時点のギャップを埋め、顧客の意思決定プロセスを早めます。


6. コンバージョンレート(CVR)の向上

ランディングページに動画を追加すれば、コンバージョンレートが80%上昇するのは驚くことではありません。動画コマースの強い影響力が、自社ウェブサイト上でのコンバージョンをいかに促すかを、世界中のマーケティング担当者が実感しています。ブランドは、「かご落ち」を減らし、より有意義な市場調査に向けファーストパーティデータを収集し、カスタマーエンゲージメントを高められるようになります。 

 

動画コマースがもたらすD2Cブランドの未来

今や40% 以上のマーケティング担当者が動画コマースを使用しており、このトレンドは今後も続くことは確実です。 D2Cブランドとして、Eコマースにおけるこの破壊的なトレンドの力を貴社が活用し、ブランドが提供できるカスタマーエクスペリエンスの最大化を目指してみませんか?

Similar posts