ニュースリリース

Fireworkライブコマースを用いた米シェアNo.1Heinzのハロウィンイベント配信を60万人以上が視聴

ウェブストーリー・ライブコマース プラットフォーム「Firework(ファイヤーワーク)」を提供するLoop Now Technologies(本社:米シリコンバレー、CEO:Vincent Yang)は、米Heinzと提携し、2021年10月23日、これまで類を見ないポップアップストアからのライブ配信を行いました。

【無料eBook】にて食品ブランドが消費者とつながるための新たな方法を明らかにしています。

ウェブストーリー・ライブコマース プラットフォーム「Firework(ファイヤーワーク)」を提供するLoop Now Technologies(本社:米シリコンバレー、CEO:Vincent Yang)は、米Heinzと提携し、2021年10月23日、これまで類を見ないポップアップストアからのライブ配信を行いました。

Heinz × Firework ライブコマースキャンペーン詳細

Heinzはハロウィン限定グッズの販売を開始すると主に、サンタモニカに限定出店した「Heinz ハロウィンポップアップストア」から、全米のファミリー層やハロウィンを楽しむ人々に向けたライブ配信を実施しました。この取組では、Heinzの自社ウェブサイトやSNSだけではなく、Evolve Media社との提携による複数のウェブメディアでの同時配信によって、イベントの様子を全米に届けることに成功しました。

全米で68万人がイベント動画を視聴

本イベントは、Fireworkの広告ネットワークを通じて、子育て・エンターテインメントジャンルのメディア上で拡散され、全プラットフォームの合計で1,700万ものインプレッションを獲得しています(動画・バナーインプレッションを含む)。

そしてハロウィン当日のライブ配信では、リアルタイムで5,000人、その後7日間のアーカイブ配信を合わせると合計68万人が視聴し、さらに7%という高いエンゲージメント率も記録しました。これはHeinzのInstagramアカウントのエンゲージメント率と比較して、18倍も高い結果となっています。そしてこれら全ての数値は、当初の目標を大幅に上回る結果となりました。

2021-54-1

「私たちは、初のHeinzハロウィンストアを通じて、ハロウィンの魔法を人々に届けられたことに興奮していますが、その体験を実際に来店できる人だけに限定したくはありませんでした。Fireworkと協力することで、ライブ配信をただ視聴するだけでなく、積極的にチャットに参加したり、商品を購入したりすることができ、結果、全国のファンとつながることができたのです」
Ashleigh Gibson氏(Heinzブランドディレクター)

現代では、消費者の多くが24時間365日、数え切れないほど多くのコンテンツに囲まれています。ブランドやエージェンシーは、そのノイズを打ち破るために創造性を発揮する必要があります。Heinzのライブ配信イベントでは、コスチュームメーキングのチュートリアルやデモ、その他のインタラクティブなプログラムを提供しました。さらに、Fireworkを活用することで、視聴者とクリエイターがその場で双方向なやり取りを行うことができ、ブランドへの愛着を高めることに繋がりました。

「Fireworkを用いた大規模なライブ配信イベントを通じ、消費者に直接販売した米国初の大手CPGブランドの1つとして、Heinz社は、若い親世代との直接的な関係を築くための新しく本質的な道を切り開いています。ライブコマースは、アジア市場ではすでに大きな人気を博していますが、米国ではまだ定着し始めたばかりです。しかし北米第3位の食品・飲料メーカーであるHeinz社の取り組みは、ライブコマースによるエンゲージメント構築とEコマースが未来の選択肢であることを明確に示しています」
ジェフ・ルーカス(Firework - Loop Now Technologies inc. CRO)


本事例をまとめたeBookを無料公開中

本eBookでは、Kraft-Heinz社がどのようにイベントを設計・実施したのかを明らかにし、これほどまでに大きな成果を上げられた理由をまとめています。

無料eBookをダウンロード

Similar posts