2021年:米トップブランドのライブコマース活用レポート

今日では、多くの広告主が注目を集めようとしているため、消費者はメッセージの量に圧倒され、エンゲージメントをさらに難しくしているのが現実です。このような状況下で、ブランドはライブコマースに注目するようになっています。

全米小売業協会のデータによると、2021年のホリデーシーズンの買い物客は、最大で8,590億ドルを消費すると予想されていました。これは、2020年の同時期に消費された7,770億ドルと比べると、10%近く増加する計算になります。

これまで、ホリデーシーズン商戦に向けたDMや期間限定商品、サンタとの記念撮影などは、実店舗への来店を促進するための重要な施策でした。しかし、多くの買い物客が外出せず、家からオンラインで購入する時代において、実店舗だけに頼る戦略はもはや通用しません。今日のブランドは、Eメール、SNSキャンペーン、リターゲティング広告を組み合わせて、年末年始の買い物客にアプローチしています。しかし、買い物客にリーチすることは戦略の一部に過ぎず、実際に彼らを惹きつけることとは全く別の話です。

また、多くの広告主が注目を集めようとしているため、消費者はメッセージの量に圧倒され、エンゲージメントをさらに難しくしているのが現実です。このような状況下で、ブランドはライブコマースに注目するようになっています。このeBookでは、ブランドが実施したホリデーキャンペーンに注目して、ライブコマースの活用方法をご紹介します。

Similar posts