ニュースリリース, リテールメディア, eBook

小売DXの次のキーワードは「ショッパーテイメント」!米先進企業に学ぶ未来のショッピング体験とは?

オムニチャネルコンサルタント逸見光次郎氏によるECzine Dayの講演を1冊のeBookに

この度、ショッパブル動画・ライブコマース プラットフォーム「Firework(ファイヤーワーク)」を提供するLoop Now Technologies(本社:米シリコンバレー、CEO:Vincent Yang)は、2021年12月に開催された「ECzine Day 2021 December」にて実施したセッションの内容を、1冊にまとめたeBookを公開しました。

 

アメリカのコマースにおける動画活用・Fireworkのソリューションが実現する未来の小売の姿について解説

2021年12月7日に開催された「ECzine Day 2021 December」では、Firework Japan Advisorの逸見 光次郎とFirework Japan Country Managerの瀧澤 優作が「米Albertsonsから学ぶ小売業の進化 -Shoppertainment&Retail Media-」と題したセッションを実施。

アメリカのコマースにおける動画活用の実情や、 Fireworkのソリューションが実現する未来の小売の姿について解説しました。 この度、好評を博した本セッションの内容を1冊にまとめたeBookを公開しました。

無料ダウンロードはこちら

「日本国内小売企業の道標として」本書まえがきより

日本国内小売企業の道標として「Shoppertainment(ショッパーテイメント)」はFireworkが提唱する、次世代の小売のあり方です。小売企業は単なるモノ売りに留まらず、「顧客=ショッパー」のために「エンターテイメント」コンテンツを提供する企業であるべきだという考えです。

従来オフラインの店舗では、エンターテイメントの提供により、多くの企業がお買い物体験を向上させようと努力していました。ところが2020年のパンデミック以降、従来の楽しいお買い物体験の多くが失われてしまいました。今多くの企業が活路を求めるオンラインショッピングの世界は、高い利便性を持つ一方で、退屈なお買い物体験しか提供できていません。多くの人々が、かつての失われた楽しいお買い物体験を求めているにも関わらずです。

こうした中、「食のエンターテイメント」を目指す、米大手小売企業のAlbetsons社が注目を集めています。同社は、Fireworkのショッパブル動画やライブコマースを活用し、オンラインショッピングの変革にチャレンジしています。

同社チーフ・カスタマー・オフィサーのロップ氏は「これまで実店舗でしか味わうことのできなかった新鮮さや発見、コミュニティといった感覚をデジタルで再現し、ブランドアイデンティティとカスタマーケアの基準をデジタル領域に完全に拡大することが可能となりました」と述べています。

また同社の取り組みはエンターテイメントの提供に留まりません。動画の活用によって、自社プラットフォームのリテールメディア化も視野に入れています。リテールメディアは、今やAmazonの収益の一角を成すほどに成長した広告ソリューションで、多くの小売企業や広告代理店が注目する分野です。リテールメディア化による新たなマネタイズも、多くの企業にとって将来の光明になり得ると確信しています。

本eBookでは、こうしたAlbertsons社の先進事例を、「ショッパーテイメント」と「リテールメディア」のキーワードを元に解説し、アフターコロナの小売企業が検討すべきあるべき姿を提案します。今苦しい状況にある多くの小売企業さまにとって、少しでも経営改善のヒントになる情報をお届けできれば幸いです。

-執筆・監修:逸見 光次郎 Firework Japan アドバイザー オムニチャネル コンサルタント

Firework_How to be Shoppertainment retailer1

Firework_How to be Shoppertainment retailer2

資料の閲覧はこちら

How to be SHOPPERTAINMENT Retailer -米先進企業に学ぶ未来のショッピング体験-【Firework】How to be Shoppertainment retailer

無料ダウンロードはこちら

 

企業情報

Firework(Loop Now Technologies, Inc.)

Fireworkは、ショッパブル動画、ライブコマース、マネタイズ機能を備えた、世界有数の没入型「ショッパーテインメント」プラットフォームで、世界中の600以上の消費者向けブランド、小売業者、メディアをサポートしています。パンデミックの影響で、Fireworkは前年比10倍の成長を遂げており、自社のウェブサイトに1行のHTMLコードを追加するだけで、TikTokのようなインタラクティブな動画体験を提供しています。Fireworkでショッパブル動画を作成し、配信することで、魅力的な商品の発見、シームレスなショッピング体験、そして最終的には消費者とのより深い感情的なつながりを実現します。またFireworkは、IDG Capital、Lightspeed Venture Partners、GSR Venturesの支援を受け、これまでに1億ドル以上の資金を調達しています。

  •