ニュースリリース, 導入事例, ライブコマース

卸仕入れマーケットプレイス「orosy」がショート動画プラットフォーム「Firework」を導入

需要が増えるオンラインB2Bプラットフォームにおいて、動画を用いた独自性を発揮

この度Loop Now Technologies(本社:米シリコンバレー、CEO:Vincent Yang)は、提供するストーリー型動画マーケティング プラットフォーム「Firework(ファイヤーワーク)」を、株式会社スペースエンジン(本社:東京都千代田区、代表取締役:野口 寛士)が運営するウェブサイト「orosy」に導入しました。

 

導入背景

■導入背景 新型コロナウィルスの蔓延によって、あらゆる経済活動がオンラインに集約されています。B2Cのショッピング市場はもちろん、B2Bでもその需要は増すばかりです。こうした背景の中、2021年8月に総額1.8億円の資金調達を実施するなど急成長しているのが、株式会社スペースエンジンが提供する「orosy」です。

orosyは「すべての人に自由なリテールを」をミッションに、独自性の高い商品を、実店舗やEC事業者が仕入れることができる、オンライン マーケットプレイスです。特に初めて卸販売を行うD2Cブランドや小規模なメーカー、クリエイターなど、他社では卸販売していない独自性の高いブランドと、こうした高感度な商品の仕入れを希望する大手小売店舗や地方の個人店舗、EC事業者の利用が多いことが特徴です。

ほかにはない独自性の高い商品をより良く伝えることや、他のプラットフォームとの差別化のため、目をつけたのがFireworkでした。

 

2021-38

 

Firework実装後のウェブサイト

 

今後の展開

現在は、商品の動画をトップページに置くことで、バイヤーの興味を引くだけでなく、商品の魅力を存分に伝えることに成功しています。動画素材はサプライヤーからの提供がほとんどで、その際にはFireworkが提供するInstagramインポーターを役立てています。

Instagramインポーターは、Instagramのアカウントを入力するだけで、Instagram Storiesとハイライトに掲載されている動画を自動で取り込める、Firework独自の機能です。

今後もサプライヤーの動画のラインナップを充実させることはもちろん、ライブコマースも活用して、新しい仕入れ体験の提供を目指しています。

「卸仕入れマーケットプレイス『orosy』は、卸販売するメーカー、仕入れ購入するバイヤーにご利用頂いています。購入は「仕入れ」のため、1回あたりの購入量が多く、『サイトで把握した商品イメージと実際の商品の差』は大きな問題になります。Fireworkの縦長動画の導入により、商品情報がより伝わりやすくなることを期待しています。 また、縦長動画のメリットとして、既にSNSで主流であり動画素材が豊富にあること、視聴者側も慣れ親しんだ形式であることも実感しました。今後はライブ配信機能等を活用し、新しい卸仕入れ体験の構築を目指します」

- 野口 寛士氏(株式会社スペースエンジン 代表取締役)

 

■企業情報

Firework(Loop Now Technologies, Inc.)

Fireworkは、ショッパブル動画、ライブコマース、マネタイズ機能を備えた、世界有数の没入型「ショッパーテインメント」プラットフォームで、世界中の600以上の消費者向けブランド、小売業者、メディアをサポートしています。パンデミックの影響で、Fireworkは前年比10倍の成長を遂げており、自社のウェブサイトに1行のHTMLコードを追加するだけで、TikTokのようなインタラクティブな動画体験を提供しています。Fireworkでショッパブル動画を作成し、配信することで、魅力的な商品の発見、シームレスなショッピング体験、そして最終的には消費者とのより深い感情的なつながりを実現します。またFireworkは、IDG Capital、Lightspeed Venture Partners、GSR Venturesの支援を受け、これまでに1億ドル以上の資金を調達しています。

-株式会社スペースエンジン

  • 本社所在地:東京都千代田区九段北4丁目1−28 九段ファーストプレイス 7F
  • 代表者:野口 寛士(代表取締役)
  • URL:https://retailer.orosy.com/